お葬式に参列する時にふさわしい服装

お葬式に参列する時には、そのシーンにふさわしい服装をする必要があります。男性も女性も基本的には、洋服は黒い色がメインになります。男性は白いシャツを着用するので、白いシャツは1枚持っていると便利です。それと一緒に、黒い無地のネクタイも、1本用意しておくことです。女性は黒いワンピースなどを着用しますが、とにかく露出を控えることと、装飾品も控えることです。メイクも控えめにして、ナチュラルメイクを心がけましょう。多くの人が参列をするので、周りへの配慮も必要であり、香水をつけるのもこの日はお休みです。冬場は男女ともコートを着用していくのはいいのですが、会場について建物に入るときには、その手前で礼儀としてコートは脱ぐようにしましょう。コートなどは、革や毛皮は控えることです。

お葬式に参列する時の女性の服装

お葬式に参列する時に、男性のふさわしい服装としては、基本的に黒いスーツになります。男性のスーツには種類があり、シングルやダブルもありますが、どれでも問題はありません。シャツは白いシャツを着用して、くれぐれも明るい色のシャツを着たり、派手な柄の入ったシャツなどは選ばないようにしましょう。なかに着用をするといっても、しっかりと見えてしまいますので、中のシャツは白を選ぶのが鉄則です。ネクタイは、無地の黒い色をしたネクタイをしましす。白いシャツに黒いネクタイも、男性の参列時には必須ですので、大人になったら黒い無地のネクタイと、黒いスーツは用意をしておくことです。足元の靴に関しては、やはり黒い色も靴を選びます。キラキラの金具が付いていない、黒い靴を選びましょう。

お葬式に参列する時の女性の服装

お葬式に参列する時に、女性にふさわしい服装は、基本的に黒い色の洋服を着用します。黒い無地のワンピースを着用するか、黒のアンサンブルに、黒のスーツで参列をすることになります。原則として女性の衣装でも、素肌をなるべく見せないようにした服装を心がけます。夏は暑い時期ではありますが、それでも肌を露出するのは控える必要があるので、五分袖のワンピースなどを着用しましょう。足元には黒いストッキングと、黒い靴というのが定番です。女性の場合はファッションに意識を取られがちですが、いつもとは様子が異なるシーンなので、装飾品は控えましょう。むやみにキラキラ光るものを身につけると、失礼にあたりますので、派手なネックレスやイヤリングなども付けないことです。お葬式のときには、香水も控えましょう。